手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので【ネタバレ】1話|内容・感想・口コミレビュー

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】
第1話「娘がただのメスになった日」のネタバレ内容、感想・口コミレビューを紹介!

1話の見どころは、

  • 父親と娘・陽葵の日常が壊れる
  • 娘を言葉攻めで感じさせる
  • 豊満に育ったおっぱいを貪る父親

エッチシーンはまだありませんが、愛撫や言葉攻めは親子ならでは!

「小5で初潮だった」
「小4くらいから胸が大きくなり始めた・・・」

なんて言葉攻め、言われると年頃の少女は恥ずかしくなるものです( *´艸`)

\28ページもタダ読みできる/


1話は全部で82ページ!
【BookLiveコミック】なら、たった88円で読めちゃいます☆

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので|1話ネタバレあらすじ内容

大切な一人娘は父親に似ていない

システムエンジニアとして働く中村俊樹。

さえないサラリーマンである彼には、周りに自慢できるような特技や趣味など1つもない。

そんな彼の唯一の支えであり、自慢は『娘』の存在。

娘の陽葵(ひなた)は美人でかわいらしく、芸能界からスカウトもあるほど。

本人は部活のバドミントンに集中したいからと断っているが、美貌に加えて持ち前の人懐っこさは周りの人間を惹きつける魅力を持っている。

そして、自慢の娘はパパっこ。

帰宅すると、一目散に玄関まで迎えに来てくれる。

スタイルも抜群な彼女は、娘であったとしても思わず目線をそむけてしまうほどの巨乳の持ち主。

大事な一人娘との時間を確保するため、毎日俊樹は真っすぐに家路についていた。

 

しかし、気になることが1つ。

どうしても、娘・陽葵は父親である自分にまったく似ていない。

生まれたときから高校生になった今まで、1度だって誰にも「似ている」なんて言われたことがない。

残念ながら、自分でも似ているところがあるとは言えない。

 

妻は若いころから社交的で、出会ったときは他に彼氏がいた。

もしかして、陽葵は違う男の子どもなのか・・・?

疑問に思った俊樹は、DNA鑑定を依頼した。

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】
続きを読む
 


父と娘の血縁関係はない、赤の他人だから

妻が友人と3日間の旅行で家を空ける日。

陽葵は朝からバドミントン部の練習で学校へ登校して行った。

「母親が留守にするから」と朝からサンドイッチを作ってくれる娘。

高校生になっても、父親にここまで優しく接してくれる娘もなかなかいないだろう。

本当に、周りがうらやましがるくらいにデキた娘だ。

 

そんな俊樹の手元に、DNA鑑定が届いた。

 

陽葵は友人の誘いを断り、父親に夕食を作るために直帰。

帰宅すると、室内は真っ暗。

父親である俊樹は、ビールを飲みながら1枚の紙を見つめていた。

「部屋の電気くらいつけたらいいのに~」

陽葵はいつものように、夕食の準備に取り掛かろうとした。

 

目の前を横切る少女。

今朝まで、自分の娘だと信じていた。

目線を手元の紙にうつす。

そこには「親子関係の可能性は0%」と無慈悲な文言。

 

自慢の娘が

赤の他人だった。

今まで何もかもを娘に捧げてきた。

それは、自分の娘だからできていたこと。

しかし現実は違った。

何の繋がりもない、誰の子どもかも分からない少女だったのだ。

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】
続きを読む
 


娘だった少女は好みのタイプの女だった

血のつながりがない。

そう思って陽葵を見ると、今までとは違う存在に映る。

 

よくみると陽葵は巨乳で、ムチムチなエロボディだ。

顔もかわいいし、俺好みじゃないか?

 

俺は今まで、この女を育てていたのは、

大きくなったコイツを犯すためだったんだ。

 

突然立ち上がった父親に驚く陽葵。

声をかけるタイミングも無く、ソファーに押し倒される。

 

「ちょ・・・お父さん!?」

 

制服のスカートを捲られ、純白のパンツが丸見えになる。

指で大事な部分をこすられ始め、何が何だか分からない。

 

「お前はオレの子どもじゃない」

「このために育ててきた、家畜なんだ」

 

シャツを無理やりひん剥かれ、Iカップはありそうな美巨乳があらわになる。

たぷんたぷんとしたオッパイは、揉み応えも抜群だ。

俊夫は自分の娘だった少女の乳首を、口に含み始める。

 

乳首を指先でいじってやると、陽葵の息遣いが荒くなりはじめる。

「んっ・・・あ・・・っ」

感じているのだ。

小さな声だが、明らかに喘ぎ始めている。

 

「エロい女だな」

「パンツの下はどうなっているか、見てやろう」

 

俊夫は少女の隠された秘部に、手をかけた。

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】
続きを読む
 


手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので|1話ネタバレ感想・口コミレビュー

1話を読んだネタバレ感想

とても仲が良かった父親と娘。

「血縁関係がない」という紙切れ1枚で、十数年もの間、

愛情たっぷり注いで育ててきた我が子が他人になり、

しかもレイプ対象になってしまうとは・・・!

 

ものすごい変わり身で、驚きました( ゚Д゚)

 

怒りの矛先が妻じゃないのがちょっと納得いかないけど、

それだけ娘が好みのタイプな女性だったんだろうな~。

ということにしておきます(笑)


まぁ、これだけかわいくて、スタイル抜群なら仕方がないかw

 

勢いで押し倒して、服をはぎ取っていく姿はもはやケモノです。

突然豹変した父親に驚くのも、まぁ無理ないわな。

しかも、おっぱいが大きくなったのは何歳からだの、

もう子供が産めるんだからだの・・・。

父親からそんなこと言われたら気持ち悪いよ(>_<)

 

それにしても、陽葵がめちゃくちゃエロい!

女子高生とは思えないくらいの巨乳の持ち主だし、

おしりもムッチムチ★

オッパイもおしりも鷲づかみしないともったいない!

これは襲いかかっちゃうし、逆に今まで誰にも襲われたことないの?って思ってしまうほど。

 

さらに感度もバツグンに良くて、ちょっと舌先でチロチロ舐めるだけで喘いじゃう・・・。

顔を真っ赤にして、父親に好き勝手カラダを触られまくり。

すっごくエロい光景です( *´艸`)

 

個人的には、首筋も舐めて欲しかったね~。

絶対ビクビク感じちゃうだろうな~って妄想しちゃいました(*ノωノ)

1話の口コミレビュー

【手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので】

1話の口コミレビューに関しては、

父親が突然オスの眼つきになってビックリ!
言葉攻めは親子関係だからこその内容で、そそられた!
ガバッと襲いかかって爆乳や桃尻を揉みほぐすし、
処女でズプズプ遠慮なく生挿入・生中だしはエグイw
2話が待ち遠しいわ~